うちの夫婦は脱毛エステ
*
ホーム > 美肌 > 綺麗なお肌をつくるには

綺麗なお肌をつくるには

高校生の頃や10代後半には、目を大きくしたい、鼻を高く見せたい、かわいいほっぺが愛らしい!など、可愛く見えるメイクをするのに必死でした。

アイラインは太め長め、マスカラもバッチリでチークはピンクをバッチリ頬に乗せていました。いわゆる厚化粧というやつです。昔は肌のことも考えず、何もかもが厚塗り、時たま疲れてメイクも落とさずそのまま寝てしまう、など肌を酷使しまくりでした。

今考えても恐ろしいです…。

10代が終わり20代そこそこの歳になって、肌に変化が…。乾燥しやすく、シミがたくさん出てきたのです。ろくに日焼け止めも塗らず保湿もせず無理な厚化粧を長時間ほぼ毎日続けた結果、肌は確実にダメージ受けていたのです。すごくショックでした。とても後悔しました。後悔はしても10代の頃の綺麗な肌は戻ってこないので、これからのスキンケアを見直すことにしました。

まずはしっかり保湿をするため、いつもよりしっとりめの化粧水を使い、さらに乳液を使用するようにしたところ、次の日化粧のノリが抜群によくなりました。それからシミ対策にはハイドロキノン入りの美容液を使うようにしました。これはかなり効きました。ハイドロキノン美容液についてはコチラのサイトをご覧ください。

あとは、仕事柄メイクをしている時間が長いので化粧品を肌に優しいものに変えてみました。これは効果てきめんで、ほとんど肌荒れしなくなりました。日焼け止めもしっかり塗るようになり、もちろんメイクは寝る前にしっかり落として寝ています。

これだけでシミも薄くなり肌も見違えるほど白くなりました。自分の肌にあった化粧品を使い、しっかり保湿するだけでお肌は劇的に綺麗になりますよ!

特別効果なものを使用しているわけでもなく、全て薬局などで市販されているものです。とても簡単なので、試す価値ありです!